理想のバストになれる豊胸手術|綺麗な体を手に入れる方法

安全にバストアップ

バストを計る女の人

副作用のリスクの低下

豊胸手術には大きく分けて、バッグ挿入法と脂肪注入法の2種類があります。いずれも高い豊胸効果があるのですが、一昔前は副作用が生じることもありました。しかし現在では、技術の向上により副作用のリスクは非常に少なくなっています。たとえばバッグ挿入法の場合、バッグの中身が漏れてくることがあったのですが、現在ではたとえ漏れても、中身が周辺に広がらないようになっているのです。つまり中身がその場に留まるということですから、豊胸効果も持続するということです。また脂肪注入法の場合、生着しない脂肪がしこりとなってしまうことがありました。しかし現在では、生着しにくい脂肪を除去した上で注入されるようになりました。生着率が高まった分、しこりができる可能性は下がったのです。このように安全になったことから、豊胸手術を受ける人は一層増えていくと考えられています。

術後のマッサージ

豊胸手術は、術後にマッサージをすることで、一層副作用の生じる可能性が低くなります。なぜならバッグ挿入法の場合は、周辺の組織がバッグを異物とみなすことで、緊張して凝り固まるようになるからです。凝り固まると、バッグはその場所に安定して留まることが困難になります。しかし日々のマッサージにより十分にほぐしていると、周辺組織は凝り固まりにくくなりますし、やがてバッグが存在していることに慣れていくのです。そして脂肪注入の場合も、マッサージをすることで、もともと存在している脂肪と注入した脂肪とが、融合しやすくなります。それにより生着率が一層アップして、しこりができにくくなるのです。このように、しっかりとマッサージをしておくことで、豊胸手術の安全性はさらに高まっていきます。