理想のバストになれる豊胸手術|綺麗な体を手に入れる方法

整形でバストを補強

バスト

おすすめの整形

豊胸手術はどのくらいバストを補強したいかによって手術法が違います。とにかくボリュームを大きく出したい場合は、シリコンバックを入れる豊胸手術がおすすめです。シリコンバックを入れることで2カップ以上補強ができます。左右の形やバランスを整えたいだけなら、ヒアルロン酸注入が向いています。アンダーバストやバストトップ、バストの上など、様々な角度からヒアルロン酸を入れることで、自由にバストの形を整えることができます。自然さを追求するなら脂肪注入方があります。脂肪注入では自分の脂肪細胞を使うので、異物を入れる豊胸手術とは違いナチュラルな仕上がりになります。脂肪は半分以上吸収されてしまうので、大きくしたい場合は繰り返し注入する必要があります。

それぞれのメリット

バックプロテーゼ挿入法では、バストにシリコンバックや生理食塩水などの豊胸用インプラントを挿入します。脇の下のシワに沿って切開して入れるので、ほとんど傷跡がわからず、最近はインプラントの品質も向上してきています。ヒアルロン酸による豊胸手術では、豊胸用のヒアルロン酸を使います。豊胸用ヒアルロン酸は他のヒアルロン酸より分子が大きくて弾力があります。また、分子が大きい分吸収が遅く、長持ちするという特徴があります。脂肪注入法では最近ピュアグラフトが普及しています。脂肪から血液や老化細胞などを取り除いてから注入する豊胸手術です。ピュアグラフトでは生着率が80%まで伸びるので、一回の手術で大幅な補強ができます。